×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

gap 店舗

gapの店舗は豊富な店舗数で購入しやすい

gapの日本での店舗展開には驚きます。1号店は95年に銀座に出店してからその後も順調に店舗を増やしていきました。伊勢丹の新宿店や渋谷の公園通りなど、若者の中心とした立地や大型デパートに多く出店しファンを拡大していきました。

多くの人がgapの店舗に訪れたことがあるのではないでしょうか?現在には、都心や地方合わせても140店舗以上のショップを出しているのだから驚きですね。海外のブランドでこんなに店舗数が多いのは他にはあまりないのではないでしょうか。

gapの商品が人気がでたのは店舗数の多さもありますが、商品のデザインがシンプルで誰にでも親しみやすいということもあると思います。お母さんお父さん世代から若者、キッズ、ベビーまで豊富なサイズ展開と、シンプルなデザインが日本人向けだったのではないでしょうか。

子供にも大人気なgap商品

gapの人気はその豊富な店舗と、幅広いサイズ展開と書きましたがここ数年でgapキッズとgapベビーは特に注目されています。街でみかける小学生や赤ちゃんもgapのTシャツを着たりや帽子をかぶっているのをよく見かけませんか?子供にも人気というより子供を持ったお母さんにgapの商品は大人気ですね。

アメリカならではのカラフルな色遣いは元気な子供たちにとても似合います。デザインもかっこよいものが多く人気があるのも納得です。海外のブランドというと日本人にはそのサイズに問題があって敬遠されがちなんです。特に子供服ならなおさらという気がしますが、gapの子供服は身長84cm~150cmまでの9サイズがそろっています。

そしてベビーに関しても7サイズそろっていますので、どんな方にも対応できるサイズなのです。お父さんと子どもがお揃いのgapの商品を着ているのをよく見かけたりします。他のブランドだとちょっと無理があるかなぁと思ったりしますが、gapの商品だとシンプルなデザインだけに自然でかっこよく見えますね。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?